2015年8月28日 (金)

シギ・チドリが来ています

2015年8月26日の「走る花柄クジラ」から転記

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2015/08/post-c9ab.html

「シギ・チドリ観察会」のご案内

日時 8月30日(日)午前9時30分集合 

集合場所 声問緑地公園トイレ前(国道238号線沿え)。緑地公園は、稚内空港方面に曲る 少し手前の公園です)

誰でも、参加できます。事前連絡は不要です。花柄らしき人を見つけたら声をかけてください。雨天決行です!(中止とか延期とかの選択肢がない)

花柄、しっかり下見をしております(当日は、どれもいてくれるかどうかわかりませんが)

8/12 シロチドリ2、トウネン20+ ハマシギ1、ダイゼン2、ソリハシシギ1、キアシシギ8

8/21 イソシギ1、トウネン70+、キアシシギ8、ハマシギ1、ムナグロ1、キョウジョシギ2、不明種2

8/25 トウネン200+、キアシシギ1、ハマシギ4、アカエリヒレアシシギ1、メダイチドリ2

↓(1)(トウネン、200羽以上います。一気に増えました)

0181650

↓(2)(メダイチドリの幼鳥です。秋は、幼鳥が混じるので識別難しいかも)

0232650

↓(3)(アカエリヒレアシシギ、以前、こいつに気をとられていたらタイヤが砂に埋もれた)

010650



|

2014年6月12日 (木)

シギ・チドリの季節

2014年5月23日 (金)の走る花柄クジラから転記しています。

シギ・チドリの観察は、いつもは4月の下旬(連休に入るときぐらい)から始めています。春は、本当に日替わりにメンバーがかわり、目が離せません。毎日、何かと忙しいのに これも調査せねばなりません。最近の最北は、めっちゃ風が強いか、曇っていて低温の日が多く、写真を撮るのは一苦労です。それでも、頑張って行く花柄さまでございます。シギ・チドリは識別が なかなか難しいとされていますが、こんな可愛いヤツがこの世にいるんだぁ、と思いますよ。こんな平和な浜に洋上風車とか出来たら困るなぁ、と心配しながら調査、観察する花柄です。

↓(1)(いきなり岬にいたムナグロ。胸の黒い夏羽のムナグロは久しぶりっ!)

10571_650

↓(2)(正面から撮って見ました。胸と言うより腹だって黒いよ)

2037_600


↓(3)(ハマシギも腹が黒い。秋に渡ってきたときは腹は黒くない。ちっちゃくて可愛い)

3017_650

↓(4)(ダイゼンも、夏は腹が黒くなる。これから黒くなって行く途中のダイゼンもいた)

60443650

↓(5)(大きい方がホウロクシギ、小さい方がチュウシャクシギ。こんなヤツもいる)

7077650

↓(6)(トウネンは一番小さい。こいつが来ると何故か安心する花柄)

5011_650

↓(7)(メダイチドリ、強風の中撮る花柄。今日は晴れてるし、行きたいな)

8020_650



|

2013年6月 8日 (土)

凄いぞ、メクマ浜!

2013年5月14日の「走る花柄クジラ」から転記しました。

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2013/05/post-5058.html

花柄が、いつもシギ・チドリの観察や調査をしているところです。砂浜が数キロ続きます。そこを観察しながら車をゆっくり走らせます。こんなところは、そうそう無いような気がします。でも、その砂浜は、何処でも走っていいわけではありません。砂が柔らかいところはタイヤが埋まってしまって大変な目に遭います。シギやチドリの観察しながら、、、ですから、慎重に行かなければ。。。

今年は、出足が少し遅かったですが 今になっていろいろやってきました。

↓(1)(4月23日、ホウロクシギ 1羽)

11650

↓(2)(5月10日、トビちゃん ちるままさんと観察。ハマシギ 1羽、ホウロクシギ2羽、チュウシャクシギ1羽、シロチドリ2羽、トウネン2羽、アカエリヒレアシシギ30羽+(写真はハマシギ))

21_650

↓(3)(アカエリヒレアシシギ 30羽+ こんなにも来たことは初めてだ。今年は当たり年なのかも。波乗りジョニーのようだ)

31_650

↓(4)(5月13日、なんと いっぱい来たではないか!1000羽以上はいる。(広角レンズで撮らなかったのが失敗だ)

55_650

↓(5)(コチドリ。ゴミの中が好きだ。ゴミの中は落ち着くみたい)

61_650

↓(6)(毎年、キアシシギは必ず来る。常連さんは やはり嬉しい)

72_650

|

2012年11月17日 (土)

オオワシ初認

11月5日のブログ「走る花柄クジラ」http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/から転記しています。

10月29日 オオワシの若鳥1羽を初認しました。しっかり写真が撮れなかったので報告できませんでしたが 今日(11月5日)成鳥2羽も確認。やぁ、、、もうこんな季節になってしまったのですね。まだ、山々の紅葉が美しいので油断してました。オオワシがやってきて あの厳しい冬に向って季節は確実に動いているのを感じます。

今日(11月5日)の確認 オオワシ(成鳥)2羽 オオワシ若鳥4羽。場所、稚内市増幌。

↓(1)(オオワシ成鳥2羽。遠いけど見えますか?)

1_650_2

↓(2)(若鳥です。また一冬 お付き合いしましょうね)

1_6502

|

2012年2月20日 (月)

ワシが来ています

2011年12月13日の走る花柄クジラ

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2011/12/post-a8ba.html  を転記。

すみません、報告遅くなってしまいました。オオワシやオジロワシは繁殖地から若鳥を連れて?(もう巣立っているから別々に来るのかも))サハリン方面から宗谷岬を目指してやってきます。今年の初認は10月31日でした。繁殖地で発信機の装着されているオオワシもやってきています。花柄の受信機にもしっかりと反応し順調な渡りを確認いたしました。でも、いつも確認できる海岸には まだ少ないと思うのです。それは、鮭の遡上する川で鮭のホッチャレが目当てで その川沿えに固執しているからです。そのホッチャレも少なくなってきました。川の水も凍結し始めています。ここ数日前から もう諦めて?海岸にやって来ているワシも見ました。海岸に海獣たちの死骸が漂着しているときなどは30羽ぐらいも集まっていますよ。ではでは、、、皆さんとは海岸でお会いしましょうね(^^)

(1)↓(こんなにも鮭の遡上が・・・10/31)

11680

(2)↓(宗谷岬を目指して渡ってきたワシたち。11/9))

21_680_2

(3)↓(雪が降りました。川沿えの木に止まって虎視眈々としているワシ 12/8)

31_680

(4)↓(こんな丘の上にも・・・鷲耽々と・・・(^^))

4_680

(5)↓(お、ここにもいるぞ!)

5_680

(6)↓(ワシの生る木です。さて何羽いるかな?)

682_680

(7)↓(もう・・・鮭の死骸も見当たりません。お気の毒)

8_680

|

2011年9月27日 (火)

サロベツにヒシクイが来ています

2011年9月14日のブログ「走る花柄クジラ」を転記しています。

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2011/09/post-686a.html

昨日、9月13日、幌延町下沼と豊富町新生で 合計540羽+のヒシクイを初認しました。もっと、早くに見た人もいるみたいですが 毎年 初認は大体今頃ですね。これから、どんどんやって来ます。サロベツ地区だけで 秋は8000羽以上ものヒシクイを確認しています。ヒシクイの繁殖地はロシア極東北部と言われていますが 繁殖を終えて今年生まれの若鳥を連れてサロベツにやって来ます。サロベツは 日本で一番先に羽根を休めるところなのです。越冬地の本州に渡るまでの 約2ヶ月間 沼のヒシの実を食べたり 牧草地の若い草の芽を食べて過ごします。

9月25日には 野鳥の会道北支部主催の「ヒシクイ探鳥会」があります。14時30分 幌延の名山台に集まってください。花柄がご案内します。誰でも参加OKです!連絡要りません。花柄らしき人を見つけたら声をかけてください。

(1)↓(夕暮れの下沼の空を飛ぶヒシクイ。9/13)

1

(2)↓(牧草地で牧草の若い芽を食べています)

2

(3)↓(時々飛び立ちます。驚かせたりしないでね)

3

(4)↓(ヒシクイのいる隣の牧草地では草刈やラッピング作業が行われています)

4

|

2011年6月 2日 (木)

野鳥情報

2011年5月20日の ブログ「走る花柄クジラ」を転記しました。

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2011/05/post-98d0.html

最近の鳥見をまとめて報告します。

5/12(稚内市声問メクマ浜)キアシシギ16羽 チュウシャクシギ3羽 ホウロクシギ1羽 トウネン8羽 シロチドリ2羽 コチドリ2羽 メダイチドリ2羽。

5/15(稚内市ルエラン)オオバン3羽 モズ(稚内市夕来)1羽(豊富町開源)アオジ8羽 ベニマシコ(豊富町兜沼)2羽 ダイサギ1羽。

5/18(稚内市声問メクマ浜)キョウジョシギ2羽 キアシシギ17羽 ハマシギ1羽 ホウロクシギ2羽。

↓(5/15のモズ)

1680

↓(芦沼のオオバン)

680

↓(キョウジョシギ可愛いでしょう?)

12680

↓(5/18のキアシシギの中に片足だけのがいた)

680_2

↓(ホウロクシギも片足が短いのがいた)

680_3

|

2011年1月18日 (火)

海ガモウオッチング

1月16日のブログ「走る花柄クジラ」

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2011/01/post-3ac7.html

を転記しました。

昨日(15日)は思いがけなく晴れ間が!そんなときは、港に行くにかぎる。海ガモウオッチングは吹雪きの直後が狙い目なんです。第一副港の一部は凍結しているし、あちこち工事中でもあります。そんなときは ちょっと離れたところに群れていました。吹雪後の港まわりはいいもんですhappy01 2月5日、6日と港の観察会があります。そのうちご案内しますね。それまで、キープしておきたいメンバーなんですが。

↓(コオリガモもいっぱい!)

1_680_2

↓(ケイマフリは2羽いました。稚内港では久しぶりっ!)

22680_2

↓(抜海港ではコケワタガモ雌が!。花柄 初見でございます)

3680

↓(嬉しくて撮ったのはいいが 逆光でした。残念だが雄はいなかった。)

41_680   

|

2011年1月16日 (日)

コオリガモ(稚内港)

1月12日のブログ「走る花柄クジラ」

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2011/01/post-c873.html

を転記しました。

昨日、久しぶりに港に行ったら 港の奥の方が凍っていました。いつもは、海ガモで賑わっているのに これじゃぁ、、無理ですよね。裏側にある港に花柄も移動。あら、海ガモもたちも こっちに移動していたのね。昨日は、日中で マイナス8℃。しっかしコオリガモたちは寒くないのかね。撮っている花柄 15分が限界だ。

1月11日の稚内港。コオリガモ 45羽、クロガモ 42羽、シノリガモ 13羽、マガモ 6羽。 

↓(港の一部が結氷していました)

11_580

↓(コオリガモの群れ)

21_680

↓(元気なコオリガモ)

31_680 

|

ケアシノスリの来るサロベツ

2010年12月23日のブログ「走る花柄クジラ」

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2010/12/post-1430.html

を転記しました。

昨年は、さっぱりケアシノスリを探せずにいたが なんと今年はけっこういる。サロベツの海岸線を30分も走るとケアシノスリがあちこちで餌探しをしている。昨日は3羽見つけた。これぞ、サロベツ!ケアシノスリのいないサロベツなんて考えられないぞ。花柄のバードウオッチングのレベルは これがいるかどうかで決まるのだ(また言ってるhappy01

↓(ケアシノスリを3枚)

11680

22680_4

32680_2 

|

«コオリガモ初認